京都大学で第4回KU-AUN運営会議を開催しました。(2017年1月20日)

「『人間の安全保障』開発を目指した日アセアン双方向人材育成プログラムの構築」第4回KU-AUN運営会議を開催しました。(2017年1月20日)

2017年1月20日、大学の世界展開力強化事業「『人間の安全保障』開発を目指した日アセアン双方向人材育成プログラムの構築」の第4回運営会議を京都大学にて開催しました。

運営会議には、ASEAN大学連合(ASEAN University Network:AUN)加盟の主要5大学(ガジャマダ大学、マラヤ大学、シンガポール国立大学、バンドン工科大学、チュラロンコン大学)、AUN事務局の各代表者と、本学からは人間の安全保障開発連携教育ユニットの教職員が出席しました。

今回の運営会議では、各大学が前回運営会議からの1年間の活動報告を行いました。また、京都大学からは過去1年間の活動報告とともに、5年間の当プロジェクトの成果のまとめと課題が発表されました。

2017年3月末を持って大学の世界展開力強化事業「『人間の安全保障』開発を目指した日アセアン双方向人材育成プログラムの構築」は終了しますが、各大学は当プロジェクトで構築したダブルディグリー、シングルディグリー、サマースクールの各教育プログラムを4月以降も継続することで合意しました。また、京都大学とAUN事務局の間においても、協力関係を継続していくことを確認しました。